食事療法に便利な 食品成分早見表

食事療法に便利な 食品成分早見表
編集
橘裕司,笠原賀子,林靜子,田中弥生,大楽香子
著者
著者の名前をクリックするとその著者の執筆したその他の書籍一覧を表示します。
  • 目次:食事療法に便利な 食品成分早見表
  • 序文:食事療法に便利な 食品成分早見表
  • 試し読み:食事療法に便利な 食品成分早見表

*各ボタンをクリックすると別ウィンドウで表示されます。
*試し読みはPDFファイルです。実物と色やフォント等、多少異なる場合がございます。ご了承ください。
また、閲覧に必要なプラグインはこちらからダウンロードしてください。

判 型 B5判 総ページ 230ページ
ISBN 978-4-8041-1276-3
発行日 2013/05/23
価 格 2,100円(税別)

食事療法に便利な 食品成分早見表の概要

本書があれば面倒な計算は不要です!


食事療法や食生活改善、健康教育などに幅広く活用できます。

管理栄養士や栄養士以外の方々にも使いやすいよう、「日本食品標準成分表」から使用頻度や
地域性を考慮して食品数を厳選し、栄養素も食事療法に必要な最少限の項目に整理しました。


エネルギーは約80・100kcal
たんぱく質は約3・5・8g
食塩は約1g
それぞれに相当する重量が色分けして示してあり抜群の使い勝手


食事療法に便利な 食品成分早見表の解説

「食品成分表」は可食部100gの栄養素量を示していますが、1食分の重量(常用量)はさまざまであるため、計算が必要でした。
本書では計算を容易なものにするため、常用量に合わせた重量を例としていくつか示しました。


さらに、食事療法に便利なエネルギー80・100kcal相当量やたんぱく質3・5・8g相当量、食塩1g相当量の重量を示すなど、常用量成分表と成分早見表の要素を加味した実用的なものとしました。


【食事の継続的な自己管理が可能】
患者さんにも扱いやすいように普段使用する量も示し、成分早見表の要素もあるため、食品の種類・量を正確に把握できるようになります。また管理栄養士・栄養士の指導により、患者個人のオリジナル食品構成表を作成することができます。


●表示項目:エネルギー、水分、たんぱく質、脂質、カリウム、カルシウム、リン、鉄、コレステロール、総繊維、食塩相当量


p.26,27の表20,21に差し替えがございます。
こちらよりご確認ください。