• TOP
  •  > 栄養学総論
  •  > 人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―

人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―

人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―
著者
著者の名前をクリックするとその著者の執筆したその他の書籍一覧を表示します。
  • 目次:人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―
  • 序文:人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―
  • 試し読み:人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―

*各ボタンをクリックすると別ウィンドウで表示されます。
*試し読みはPDFファイルです。実物と色やフォント等、多少異なる場合がございます。ご了承ください。
また、閲覧に必要なプラグインはこちらからダウンロードしてください。

判 型 B5判 総ページ 234ページ
ISBN 978-4-8041-1214-5
発行日 2010/03/30
価 格 2,300円(税別)

人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―の概要

レギュラトリーサイエンスとは、規制政策に科学的根拠を与える「行政科学」の側面と、既存の基礎科学や応用化学とは異なる「評価科学」の側面を持ち、科学の所産を人間との調和の上で最も望ましい姿に調整(regulate)し、方向付けていくための科学である。栄養学においては、健康を保持・増進すると同時にさまざまな障害を回避するため、栄養素の欠乏や過剰の状態をもたらすリスクについて管理・調整する科学である。


●本書は、レギュラトリーサイエンスについて読み物風にわかりやすく解説しています。
レギュラトリーサイエンスの理解と実用化に役立つと同時に、人間栄養学の視点と方法について、できるだけ具体的に、また実行しやすいように、その道筋を整理して示した新しい栄養学の入門書でもあります。


●これから進むべき方向を見定める指針として、医療、看護、保健に関与する方々に読んでいただきたい一冊です。特に管理栄養士・栄養士の方々、養成施設の学生の皆さんは必読です。

人間栄養とレギュラトリーサイエンス ―食物栄養学から人間栄養学への転換を求めて―の解説

【主要目次】

1. 新しい「栄養学」へのアプローチ
2. 日本の現代社会と栄養対策の歩み
3. レギュラトリーサイエンスとしての栄養学原論を求めて
4. 危害因子とリスク分析
5. 人間栄養の評価・判定の実際
6. 食物の消化・吸収と代謝、排泄のプロセス
7. 栄養状態の評価・判定と個別栄養管理
8. 栄養の質の評価と糖尿病の食事療法
9. 生活習慣病の症状・予防と食事療法のポイント
10. レギュラトリーサイエンスと専門職の倫理