図表でわかる臨床症状・検査異常値のメカニズム(第2版)

図表でわかる臨床症状・検査異常値のメカニズム(第2版)
著者
著者の名前をクリックするとその著者の執筆したその他の書籍一覧を表示します。
  • 目次:図表でわかる臨床症状・検査異常値のメカニズム(第2版)
  • 序文:図表でわかる臨床症状・検査異常値のメカニズム(第2版)
  • 試し読み:図表でわかる臨床症状・検査異常値のメカニズム(第2版)

*各ボタンをクリックすると別ウィンドウで表示されます。
*試し読みはPDFファイルです。実物と色やフォント等、多少異なる場合がございます。ご了承ください。
また、閲覧に必要なプラグインはこちらからダウンロードしてください。

判 型 B6判 総ページ 262ページ
ISBN 978-4-8041-1293-0
発行日 2014/05/01
価 格 2,800円(税別)

図表でわかる臨床症状・検査異常値のメカニズム(第2版)の概要

食事療法が重要な役目を持つ疾患等が、どのような病態生理で発生しているのか、またそれを解き明かすのに有用な検査値の読み方などを解説しています。肥満、食欲不振、浮腫、頭痛、腹痛など、主要な症状について、定義、メカニズム、臨床症状、診断、治療などを理解しやすいように順序立てて構成しました。


診察の進め方(問診・視診や検査の方法から適切な臨床検査によって疾患を診断するまでのプロセス)や、アルブミン、血糖、ビリルビンなどの検査値が異常値になるメカニズムは、フローチャートや人体の構造図で示しています。


根拠に基づいたチーム医療や保健指導を行うために、また介護の現場においても各疾患の病態生理を理解することが求められている今日、ぜひ備えていただきたい一冊です。

図表でわかる臨床症状・検査異常値のメカニズム(第2版)の解説

●尿検査、血液検査、血液生化学検査、免疫・血清検査など多数の検査項目を網羅。また、検査の基準値も掲載しています。