食物繊維 ─基礎と応用─ (第3版)

  • 目次:食物繊維 ─基礎と応用─ (第3版)
  • 序文:食物繊維 ─基礎と応用─ (第3版)
  • 試し読み:食物繊維 ─基礎と応用─ (第3版)

*各ボタンをクリックすると別ウィンドウで表示されます。
*試し読みはPDFファイルです。実物と色やフォント等、多少異なる場合がございます。ご了承ください。
また、閲覧に必要なプラグインはこちらからダウンロードしてください。

判 型 B5判 総ページ 282ページ
ISBN 978-4-8041-1191-9
発行日 2008/10/20
価 格 4,200円(税別)

食物繊維 ─基礎と応用─ (第3版)の概要

日本食物繊維学会で活躍している研究者が、企画・執筆しました。食物繊維研究の最先端の知見が盛り込まれています。


近年、健康維持・疾病リスク軽減作用の研究が飛躍的に発展したことから、『食物繊維』(平成7年刊)を全面改訂しました。食物繊維を取り巻く新たな研究領域を積極的に取り込み、新規に開発された食物繊維素材を意識した内容構成になっています。


血糖上昇抑制、排便改善、プレバイオティクス効果、消化管免疫増強食物繊維の生理作用についてはもちろんのこと、生活習慣病が蔓延している現状を踏まえ、糖尿病・心疾患・がんなどに対する食物繊維の効果についても詳しく説明しています。

食物繊維 ─基礎と応用─ (第3版)の解説

【第3版の主な改訂内容】
●特に焦点を当てた項目
 「国際間の食物繊維定義の違い(アメリカ、ヨーロッパ、CODEX)」
 「新しい食物繊維素材の種類や化学」
 「オリゴ糖や糖アルコールの種類や代謝的特徴」
 「改良定量法」
 「食物繊維機能の疫学研究による評価」
 「食物繊維の食事摂取基準」
 「食物繊維のエネルギー評価」
 「食物繊維素材の特定保健用食品・加工食品などへの応用」など。