医薬品─栄養素の相互作用 ─人間栄養に必要な医薬品の知識─

医薬品─栄養素の相互作用 ─人間栄養に必要な医薬品の知識─
監訳
細谷憲政
著者
著者の名前をクリックするとその著者の執筆したその他の書籍一覧を表示します。
  • 目次:医薬品─栄養素の相互作用 ─人間栄養に必要な医薬品の知識─
  • 序文:医薬品─栄養素の相互作用 ─人間栄養に必要な医薬品の知識─
  • 試し読み:医薬品─栄養素の相互作用 ─人間栄養に必要な医薬品の知識─

*各ボタンをクリックすると別ウィンドウで表示されます。
*試し読みはPDFファイルです。実物と色やフォント等、多少異なる場合がございます。ご了承ください。
また、閲覧に必要なプラグインはこちらからダウンロードしてください。

判 型 B5判 総ページ 240ページ
ISBN 978-4-8041-1156-8
発行日 2007/01/30
価 格 3,500円(税別)

医薬品─栄養素の相互作用 ─人間栄養に必要な医薬品の知識─の概要

医薬品による食べ物の消化・吸収、栄養素の体内代謝、食欲に対する影響等について、約600点の医薬品を「作用」「栄養への影響」「有害作用(副作用)」「病態(血液)」「栄養管理」という5項目に分けて簡潔明瞭に解説しています(医薬品は、製品名と一般名を併記)。


オーストラリアのベテラン臨床栄養師が、長年にわたって研究・検討した貴重な資料の翻訳です。管理栄養士・栄養士をはじめ、医療・薬剤・看護・福祉・保健など多領域の関係者にとって有用な資料です。

医薬品─栄養素の相互作用 ─人間栄養に必要な医薬品の知識─の解説

●主な医薬品(一般名)
アカルボース、ピオグリタゾン、ニフェジピン、メチルドーパ、アロプリノール、アムロジピン、ヒドララジン、アテノロール、アトルバスタチン、ビソプロロール、カフェイン、炭酸カルシウム、クロニジン、コルチシン、ペリンドプリル、グルコン酸第一鉄、フィルグラスチム、フルバスタチン、インスリン、ラクチュロース、ロサルタン、ロペラミド、メトロプロロール、など。


●主な医薬品の作用
抗高血圧作用、低脂血作用、カルシウム代謝、抗菌作用、抗不整脈作用、鎮静作用、呼吸作用、抗潰瘍作用、非ステロイド系抗炎症作用、鎮痛作用、性腺ホルモン、抗ウイルス性作用、精神安定作用、抗うつ作用、下垂体ホルモン、消化促進補助成品、無機質成品、胃液分泌阻害作用、骨代謝、緩下剤、代謝拮抗作用、利尿作用など。

関連書籍